忍者ブログ

おみくじについて

神社仏閣の大抵のとこにあって、参拝したら大多数の人が引くおみくじ。
私も今のように神様らぶになる前から、おみくじのある神社やお寺に行ったら引いてました。

大吉などいいの(と今は思ってませんが、昔の感覚だと)が出たら、なんとなく嬉しくて、凶とか悪いのが出たら嫌な気分になりつつも「占いだしね」って無視をする。

そんな、縁日にくっついてくるなんかのイベントの一種というか、駄菓子屋で当たりくじ付きのお菓子を買うのと同じような感覚で引いてました。

もちろん昔と違って、今はきちんと神様と話すことのできる貴重な機会だと思って引かせてもらってますw

なので、神様にかわいがられてたり、おみくじなんかの装置を使わずとも交信できる人はいいのですが、零感の私には無理なので、おみくじがあって良かったなぁ~とか、発明してくれた人に感謝だよな~とか思っています。

元三大師、ありがとうございますw

ちなみに『元三大師堂』で引かせていただいた事があるのですが、おみくじを担当してるお坊様がちょうど不在で「やめますか?」と留守を守るお坊さんに聞かれたという事がありました。

確かに参拝ではなく「おみくじの元祖を体験したい!」て気持ち の み で山に登ったので、元三大師と話せるなら「そんなふまじめな態度とか、なめてんのか」という事なんだろうなとは思ったのですが、これを逃すと死ぬまでにできるかどうか分からないということで「えー、よく分からないし~?」って馬鹿のふりして無理やり頼んできました ←

担当のお坊様が不在の場合は、住所氏名等と一緒に判断してほしい内容を紙に書いて、お賽銭と一緒に納め、後日電話と封書で結果が送られてくる。という手順になります。

……本当なら御祈祷があってのおみくじ引きという、超イベント感バリのモノなのですが、ソレがないので山まで時間かけて登ったわりに、結局まわりくどいだけの普通のおみくじといった感じになり、おみくじの内容も、私が上記のような態度だったためか「引きたかったんだろ? よかったな引けて」というような感じで「御神託じゃなくて占いだなこれ」って思えるようなぼんやりした感じで……。

いつかまた山に登るチャンスがあったら、直接、元三大師に非礼を詫びたいと思います。汗

そういうわけで、私のような考えで行くのは駄目ですが(誰もそんなことせんわw)聞きたいことがあって、せっかくならおみくじの元祖を体験したいという方は、おみくじを引けるお坊様が居らっしゃる時間を狙っていくといいと思います。

……話がずれました ← またか

それで、おみくじの読み方(見方)ですが、私は現在こういう感じで見ています。

「私に関わる事を聞いたら、吉凶だけでなく全体で判断」で
「神様の機嫌を尋ねる場合は、吉凶で判断」ですね。
神社仏閣によっては「吉凶」が載ってない所もありますが、大抵はこれでw

もちろんコレが絶対ではなく、聞いたのが「健康に関すること」であればその項目に、こうしたほうがいいよ? とかこれはこうだよって事が書いてある確率が高いです。

私の話ですが、家人の調子が悪いので病院に出してから、元々の予定だった買物に出掛け、途中にある神社によって「家人が~って状態で……」と参拝し「どんな状態でしょう? 問題なかったら買物に行きたいんですけど……(酷いw」と聞いたところ『末吉:病気の項「軽くない用心」』だったので、結局買物をやめて帰宅した事がありました。

結果としてそのまま緊急入院→専門病院に移って手術と、それなりに大ごとになった(強制的に病院に行かせた段階で、家人の状態があまりに異常だったので、多分入院だろうとは思っていた)のですが、おみくじを引いた時点である程度の覚悟が決まったというか。
おかげで「入院することになったので着替えを持ってきて」と電話でいわれた時も、慌てたりしなくて確かりました。ありがとうございます。神様らぶv

あとは、聞いた事と関係のない項目が気になる場合は、神様仏様もですが、自分の無意識からの注意(自分の事は自分が一番わかってるものですw)という事もあるので、気に留めておいた方がいいかもです。

それにしても、面白いですよねおみくじw

大吉なのに和歌とか項目がきつい事のオンパレードだったり。
凶なのに、なんかコレすごく慰められてないか? って感じだったり。
吉凶の項目は「どゆこと?」って感じでも、和歌や漢詩は「あ~、あ~、ですよね~w」って感じだったり。

ただの確率で引きあてた紙の一枚なのに、神様とお話してる気になれるというか……。

最後に「神様の機嫌を尋ねる場合は、吉凶で判断」と上で言ってますが、神様と話せないのにわかるのかと言われそうなのでこれも書いておきますね。
独自解釈なので間違ってる可能性のが高いのですが ← うん、そうだよ電波だよ?

これは神様の気分が良いか否かなので、単純に「機嫌がいい=大吉」「機嫌が悪い=凶」って判断してます。
吉あたりだと「普通」って感じでしょうかw

いい時はいいのですが、神様の機嫌が悪いのに「はぁ? おれの気持ちが知りたいから気分を表した和歌を引かせろ? ……あんま機嫌よくないだけど? 俺のこと好きだっていう割に、手間をかけさせてるとかそういうことを考えられないのかよ」とますます気分を害されそうなので、神様の手間を省くという意味でそう判断をしています。

そうですね。
大好きな神様が少しでも気分よくいてくれたらいいと、いつでも神様本位の気持ちでw ← 結局

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/07/31 神様らぶ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)