忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18

ご近所のご意見番『産土神様・氏神様』

『神様たちへ御挨拶』で、初めての神社ではお願いごとはしない方がいい、かも? って書きましたが、今日はその続きです。

神様はそれぞれに仕事があって役割分担をしてあの世の世界を運営管理されてますが、それとは別に生まれてから死ぬまで、困った時に相談をする町内会の年長者のような存在の神様たちがいます。

『産土神様』とか『氏神様』とか呼ばれている神様です。

『産土神様・氏神様』というのは、私の生まれた場所や住んでいる所を管理し、住民が暮しやすいようにと動いて(担当仕事という意味)くれる神様の仕事上の呼び名です。

例えば、『きもの屋さん』と呼ばれている所は全国で何軒もあるけど、近所に限定すればその名称がさすのは誰の事かすぐに分かる、でも本名は別にあるというような感じデスかね?

もちろんその神様の正式名称でしか呼ばれない総本社などでは、きちんと本来の仕事をされていますので、総本社であり、地域の『産土神様・氏神様』を兼ねている場合は、兼業農家のように二足のわらじで、大変忙しく働かれてる感じですね。ホント頭が下がります(てか、かっこいい! 好きです←

『産土神様・氏神様』はまさに近所のご意見番、よろず困りごと相談を受け付けてくれてる方たちなので、自分の事で困ってることがあって、意見が欲しい・助けて欲しいと思った時はまずここにお参りします。

なぜここかといえば、私はこういう理由があるからと考えてます。

1、生まれた時のお宮参り等で、一番初めにご縁をいただくのが『産土神様・氏神様』なため

2、心と体の成長期にそこの神様たちの領域で生活するわけだから、性格とか家庭環境等、その人のベースになることを他の地域の神様たちよりも一番詳しいから

3、大きくなってから崇敬する神様と違い、物ごころつかない状態でご縁をいただくためか嫌われる事はほぼないため(調子にのったら駄目だけど。汗

最近では、お宮参りは『産土神様・氏神様』たちでなく、親の信じる崇敬社や有名な神社でということが多いですが、その子の成長する場所や土地を管理されてる神様がこちらなので、その子に関する事を見たり聞いたりして前情報を沢山持っているのは、やっぱり一番近くの『産土神様・氏神様』たちかと思います。

田舎で村社会のシステムが生きていれば『産土神様・氏神様』たちが分からない事はほとんどないと思いますが、都会や新興住宅地では神社がたくさんあって分からないという場合もあります。
そういう場合は他に手立てもないので、県の担当神社庁に聞くのも一つの手です。

神社庁は名の通り神社関係といっても市役所のようなところで、他にも仕事がたくさんありますので、聞く時は礼儀正しく手短に簡潔に、もしも愛想が無くともくじけずに質問してください。

※対応うんぬんは私がそういう応対をされたということではなく一般論の話です。
個別の神社レベルでは数回電話したことがありますが、神職の方はいつもこちらが恐縮するほどの丁寧さで答えてくださいますノデ。念のため

また『産土神様・氏神様』たちは他の神様たちへの取り次ぎも引き受けてくださいます。
・遠くの神社に参拝に行きたいがちょうど生理の穢れの時期なので初めに謝っておきたい
・遠方に旅行に行き、その土地の神様にも参拝したいので受け入れてくれるように口利きしてもらう
……とかデスね。

あとはこちらのお願いごとや頼みごとに『産土神様・氏神様』たちが「あっちの○○神様の方がこの件には詳しいから、あっちに頼んどくかな」というような時もあるっぽい感じです。

例えば、住んでるアパートの大家さんに「頑張ってるんだけど職が無くてさー」て愚痴ったら「あんた、ここはどう?」って面接先を紹介してくれるようなw
もちろんそこから受かるかどうかは私たちの努力に掛かってるわけなので、願いが叶わなかったからと『産土神様・氏神様』たちに文句を言ってはいけませんw

……ここまで書いといてアレですが、一応注意も。
困った時の神頼みが日ごろの行いによって成功率が変わってくるのと同じで、いざって時だけ『産土神様・氏神様』たちに頼っても駄目デス。

日頃から『私の産土神様・氏神様たちは、○○様で、いつも見守ってくださってありがたいな』と崇敬の念を持ったり、神社の行事があれば最低限の集金には応じておく事は基本です。
だって神社が無い=神様の降臨場所が無いって事なので。最低限の維持管理に人手や労力は惜しまないようにしましょう(手が出せないときはお金を出す……というのが大人な対応ですw

あと日に夕にといわず隙あらば感謝の念を送っておく。のもいいですね。
仕事でやってる事でも感謝されたら頑張る力がわきます。
人も神様もそこは同じなので、1に感謝! 2に感謝! 3・4が無くて5に感謝! くらいしておくと、覚えもめでたく応対も変わる気がするので、ゼヒ!

次回は神様のお言葉『おみくじ』についてです。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/07/30 神様らぶ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)