忍者ブログ

見えない同居人

久しぶりの更新ですが、今日は『霊と人間とどっちが怖いか論争』で借りたアパートに住んでた先住霊と円満に同居していたというネタの詳細をw

といっても相変わらずのかみ☆らぶクオリティですがw

まずみわ自身が体験したこと。
引っ越した当日と次の日に連続で『金縛り』……まあいつものごとく力技で解いたワケですが、これは「引越し疲れでしょ(ハイハイ」という可能性のが大きいので、気にしなくてもいいかなとも思いますが、息苦しくなる首絞め系(上から首のトコにのられてるカンジ)だったので、私のあいさつが気に食わなかったカモ? というわけでもう一回しっかりあいさつしたら、その後あきらめてくれたのか金縛りはナシ。

その2、遊びに来た友人。
本人は「見える」とはいってないコだったが、入って正面の風呂場を見たら視線が止まる……w
面倒なので同居人が居るけど、引越しの時に話し合いは済んでるので不可侵でヨロです。と伝えたら「……ふーん……」といってそのまま無視。
ちなみにもう一人は部屋の奥の小窓のトコ(その下にベッドがある)にいるっぽかったのでそういうと「ああ、うん……だね」とこれまた無視。
彼女は帰るまで何もいいませんでしたが、話してると視線が不自然にさまよう事、さまよう事w
……面白いのでソレをほっとくみわ ←

その3、終電車を逃した友人
前もって見えない同居人が居るという話をしていたせいか、玄関を入っても何も言わず。
もう遅いしとりあえず寝るか~w って電気消して……でもだらだらしゃべってて怪談話に移行した後に「ちょ、みわちゃん、足つかまれてんだけど……」といわれる。
話してたら来た可能性も高いが、まあ夜ふかしして話してるので同居人のどっちかがちょっかい掛けてきたんだろうと思い。
「あー、大丈夫、多分部屋の人だから……はいはい、あなたを呼んでたわけじゃないんですよ、ゴメンね~w」と空中で手を振ってみる。
……と間髪いれず「みわちゃん~、離してくれた~」と彼女が驚いたようなほっとしたような声でいうので「うん、まあ寝れってことだよ、寝よか」と就寝。

そこには結構長く住んでましたが、来訪者が少ない家だったのであったことといえばそんなもんでしょうか……ん?

ああ、それ以外には関係ないかもですが、その部屋では電球(伝熱調理機もだ)が寿命になったりすると「パン!」って必ず音を立てつつ火花を散らして切れてましたねw

後日友人宅にいって、電球の光がだんだん弱くなり音もなく寿命を迎えるのを見て「静かだね」というと「いや、普通がこうだから」といわれ、そういえば実家の時はこんな切れ方してなかったなと思い当たったり。とか?

……ここまで書いててなんだけど、マジ体験のレベルが残念(勘違いといっても過言ではない)すぎるw

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/10/19 なんちゃってスピ話 Comment(0)

思春期特有の感受性の問題:その2

今回の更新は『こぎつねコンコンw』でちらっと書いた、霊能者さんのトコであった事になります。

断っておきますがみわに不思議な力(自分で制御できる類の)はないので、つまりはタイトル通りなんだろうなって思ってマス。
実際、体験の数のピークは高校時代~20歳まででしたしw

あ、あとね! 特定のどっかに喧嘩も売ってないからね?
そう読めたとしたら、それはみわの筆力が微妙なせいということで一つ!

そんな感じで前書きという名の言い訳は終わり、本題ですw

霊に憑かれやすい友人が類友から霊能者さんを紹介してもらったので一緒に行った時のことです。
※詳細書くとみわ以外の個人情報バレになったらまずいのでそのあたりはボカしますネ

霊能者さんは、待合室もない普通の民家の応接間(?)のようなトコで相談受けてたので、次に待ってる私らにも色々丸見え状態。
内容は相談者さんの話が終わって、霊能者さんのターンだったので厨二病まっさかりでそういうのに目が無いみわは耳をそばだてる ←

真ん中の机(ちゃぶ台)に置かれた写真を見ながら話しているので、それが関係するモノだと分かり、ついでに写真の中で原因になってるモノも何故かわかるみわ ←
※塔とかお地蔵さんとかがあるので分かるというのでも、身体の一部が欠損して見えるとか、変なものが映ってるわけでもない風景写真でした。

「原因はココすね」霊能者さんが指さしたのが、まさにみわが原因だろうなと思ったのと一緒のトコでテンションが上がるみわ ←
でもそのあと「お払い」といって霊能者さんが相談者さんの背中に思いっきり九字切りかましててテンション下がるみわ ←

前の相談者さんが終わったのでいよいよみわ達の番。
……なんだかんだで友人の相談終了。それでやっぱり九字切るか……そうか……とますます残念モードのみわ ←
「そちらは何かありますか?」と流れで聞かれるが、付き添いなだけで何もない。っていうか人に九字切りかます霊能者さんとか、個人体に微妙な感じだったので何かあっても聞きたくない(本音
「別にないですねっていうか付き添いなのでw」とごまかそうとするがミスって見てもらう事になり『こぎつねコンコンw』で書いたような事に。

九字切りが気にいらなかったので、手かざしの時と同じで『拒否る、受け付けない!(厨二病らしい電波w)』ってしたため、お狐さんはうまく払えずそのまま or 結局は払ってもらった(かどうだったのか忘れた ←

……というのが霊能者さんのトコでの全部です。

イヤだって! 人に向かって九字切りとか今考えてもないですわ。
要するにあれって『破壊(喧嘩売り行為)』なわけで、憑いてるだけで何もしてないのに『オラオラオラァ!』って追い出したり傷めつけたりとか乱暴だなぁと。
あの当時でもさすがにその程度の知識は持ってたので、みわはそう思ったわけです。

……はい? 実はそのお狐さんが悪いモノだったらどうすんだって?

狐だから狸だから犬だから猫だから蛇だからと、動物霊を一緒くたにワルモノ断定するのがまずみわは嫌いだし。あり得ません。
それって『○○だったら犯罪者』って人を見かけとかで断定するのと同じコトじゃないですか?

みわ的には何が憑いてようと自分と回りに被害が及ばなかったら放置が基本。
自分や周囲に被害があるようならとりあえず現実的な解釈をして対応を試みる。
それでもどうにもならなかったら(心霊的なのと判断したら)こっちの正当性を前面に押し出して、死なばもろともの勢いで全力&自力で払う(喧嘩売る)のが通常モードなわけですから(すみません好戦的でw)初見で無理やり力技解決とかナイナイですw

まあこれも、若さ故の無謀とかで心霊スポットみたいな相手のテリトリーに安易に踏み込むような事をしなかったので、運よく「命の危険があるようなめんどくさいモノ」と関わったことが無いってのも関係してるのかもデスが。汗

とか、こんなことをつらつら考えてると、神様仏様ありがとうございますだし、蛇ちゃんありがとうですよね~w って思えますよ(なに突然w

こんな厨二病を煩わせてこじらせた人間にまで優しいとか、神様マジ天使(言葉がすごい矛盾してますがw)もうやっぱ好きにならずにはいられないわw ← やはりこのオチw

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/25 なんちゃってスピ話 Comment(0)

思春期特有の感受性の問題:その1

今回の更新は『こぎつねコンコンw』でちらっと触れた、手かざしの宗教であった事になります。

断っておきますがみわに不思議な力(自分で制御できる類の)はないので、つまりはタイトル通りなんだろうなって思ってマス。
実際、体験の数のピークは高校時代~20歳まででしたしw

あ、あとね! 特定のどっかに喧嘩も売ってないからね?
そう読めたとしたら、それはみわの筆力が微妙なせいということで一つ!

そんな感じで前書きしゅーりょー。
本題ですw

道場っぽいとこに行って担当者の人に『図書館で借りた本読んで興味が出たのできましたw』って言ったらなんでか「お払いしましょう」といわれる。
お払いとか言われても別に不調トカないんで、ぶっちゃけその流れに納得いかないみわ ←

とりあえず背を向けてお祓いをしてもらうフリをしつつ、内心『これって相手の気を拒否する気持ちで受けたらどうなるんだろーw』とか思ってました(厨二病なので。汗)
ならばそこはやはり実験だー! って思って心の中で『受け入れない、受け入れない、受け入れない……(エンドレス』と思うみわ ←

手かざしをされると憑いてるモノが表面化すると言われていたが、こんな状態なためか変化なしw
しかしこのままではいつまでたっても終わらないワケで。
せっかく来たんだし体験ナシで帰るのもアレだよな~って思い、今までとは逆に『仕方ないから受け入れてあげる(超上から目線』と思ってみた ←

途端に反応する正直なみわの身体w
合わせてた手が段々離れていき、背中が後ろにのけぞっていく。
それを『いやー、自分の身体が自分の意思とは勝手に動く~w ふおぉ! 面白い!』って内心ワクテカするみわw

そのうち仰け反り過ぎて倒れるみわ。
しかしこれ以上は変化もなく、お祓いはあっさり終了。
そのあとお祓いをした人(?)から「蛇が憑いてる」といわれ超テンションが上がるも、宗教の人的には悪いモノ扱いらしくしょっぱい気分、ってかいっそ不愉快 ← さすが超ヘビ好きw

そのあと、お決まりの展開で入信の勧誘を受けましたが、以下の理由で拒否っておきました。

・受ける人間が「払いたい」って思わなかったら、お払いが効かないのは理解できる……できるが! みわごときの精神力に負けるお払いかぁ……修行してる人で上の人じゃないんだろうけど……うん、微妙!

・次回来るように指定されたの平日とかナニソレ!?
「平日だから無理」と言ったらそれでも来るのが信仰心(?)とかふざけた事を言ったので、日本に住んでて日本の法に守られてるのに、反社会的行動(大げさ?)を推奨するとかあり得ないんですが!?

……という感じで、はい! ナイナイ(AA省略

手かざし以外にこれまでも、新興宗教なら手相のとかキリスト教のとか仏教(神道含む)系のとかから色んなとこから勧誘を受けましたが(そういうの好きで見たり行ったりするからほっといても遭遇率はあがる)全部同じ感じで入信には至らなかったデスね。

一言でいうと「理論で説得できないとみると感情論で説き伏せようとする」って事だったんですネ。
上の方の人と話せはあるいは? かもですが別にみわ虎児を得たいわけでもないので行きませんでしたw

みわにあるのは「自分とは違うモノの見方・考え方のバリエーションを学んで、自分なりの解釈・解決の種類を増やすため」という哲学的好奇心だけなので ← ある意味すごく迷惑

ここまで書いといてなんですが(前にも書きましたが)他の人が信仰するのは別に問題ないですよ?
落ちた気分を生活できるまでに上向かせ、日々に張り合いを持たせるのが宗教の存在意義ですから、それから外れなければ宗教の自由が保障されてる日本では、みわには何も言う事はありません。

ただ、やる気のない人間を信仰させようとやっきになって絡んでくるのが問題と思ってるだけですネ。
反社会的じゃなかったら、あなたはあなた私は私でいいじゃん? なんかダメな事でもあるの? ってみわは思うのですが?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/24 なんちゃってスピ話 Comment(0)

こぎつねコンコンw

スピ話とか怪談とかで「すごく怖い」といわれる事の多いお稲荷さん。
それとは反対にマンガとでは大人気で、動物霊を使役するキャラというとお稲荷さん使いという事が多いと思います。

蛇スキーのみわにとっては、蛇もこれくらいの知名度で恐れつつも愛されキャラだったらどんなにか! とハンカチをかみしめたい気持ちなのですが、まあ今日は関係ないので置いといてw

昨日の更新『DQNと言われても仕方ない ←』で、ホント世の中ってままならないわ~w って書いてたら思い出したんですが、みわにもお狐さんエピソードありました!

そんなわけで、いつも通り怖い話でも何でもない電波話なので、そこらへん覚悟してどうぞ!

高校時代の話です。
幽霊を見たりと勘が鋭すぎる友人が、他の子(この子もよく見る人)から霊能者を紹介されたんですね。

それで一人で行くの嫌だったのか「無料なのでみわちゃんも一緒に行こう!」と誘われました。

手かざしの宗教も「面白そうだから見に行くだけ行くw」と電話して、見に行くほどの好奇心の塊のみわですから(自覚はあるらしい)モチロン二つ返事でOKしましたw

そのあたりのエピソードは別の機会に書くとして(方向性の違うネタを一本にまとめられる文才はないのデス ←)

それで学校の帰りだったかな? 場所はどこか忘れたのですが行ってきたんですね(バスで行ったのであまり遠くないハズだけど自信なし)

彼女が見てもらって、その時点で「?」って感じの事があって、霊能者へのワクテカは消えたてたんですが(後日書きます。方向性の違うネタを……以下同文)
それでもせっかく来たんだからと、みわも見てもらったんですわ。

みわ的には『蛇に関係があるとか、蛇の魂がとか、蛇の念がとか』って思いながらw ← 自分でいうのもアレなんですが残念なほど蛇好きなので

そうしたらですね。予想もしなかった事に「お稲荷さん(お狐さん?)がいるね」といわれたわけです。

お稲荷さんでも十分「え!? は?」って感じで心当たりなかったんですが、次の言葉で壮大な冗談かなんか!? と言いそうになりました(言わなかったケド。汗)

「……あなたにつけないから……そのバッグの……生徒手帳についてる」 ←

高校までの短い人生経験しかありませんが、狐がとりつきたいのにその対象者につけないから頑張って持ち物についてるとか初耳なんですが。汗
っていうか、なにそれ聞いたことない(本音

……正直いって今なら萌えデスヨ?
そんな頑張ってるなら「いいのよ~w 居たいだけ居てw」って歓待もします。

が、その当時は頭が固かったので(?)はあ!? なんて根性無しなんだ! と思いましたトサ。酷

これが蛇ちゃんだったら「うはw 必死w なんてかわいいw そんなにみわの所に居たいのね? いいのよ~w ゆっくりしてって~w なんだったらずっと居てもいいのよ(ハアハア」ってな感じで、蛇ちゃんの貞操が危機としか思えませんが、すみません当時そこまでお狐さん(八百万神様)萌えの属性が無かったもので。苦 ←

……話を戻して。

その頃のみわは、怪談や不思議な事は好きだけど知識は本で読んだりTV見たそのまま。
お狐様ならこう! 幽霊はこう! って感じで数式を入れたら答えが出るような感じで、自分なりの解釈がまだ固まってなかったのです。

だから、お狐様とかお稲荷さんとか怪談のど定番じゃん? それが私についてる!? 厨二病を患ってる身としては、やばい、楽しい! ってなるわけですよ。

なのに!

「あなたにつけないから持ち物についてる」とか定番ネタじゃありえないそのオチは何なんだ! といいたくなっても仕方ないですよね? みわのワクテカを返せ的な勢いになってしまっても仕方ない! ……と思いたい……あの当時のお狐さんかお稲荷さんか分かんないけど、優しくなくてゴメン(と今頃反省

とまあ。みわ的にはお狐さんはついてる……けどおしいというか残念なオチなため ←
「最近お稲荷の社があるとこに行かなかったか?」とか霊能者の人が払ってくれようと(多分)色々聞いてくれたのですが「はあ、分かりません」と超やる気のない態度しかとれなかったわけです。
ホント希望は絶望を連れてくるわ ← 用法違い

あ~、でも今憑いてるよって言われても、みわに不幸は起こってないわけですから「かわいがるので、払わなくていいですw」と言うかな? 多分w
そう考えると、どっちにしろ霊能者の人は困惑するなぁ……うん、まあいいや。時には変な相談者が居てその話を聞くのも修行って事にしてください霊能者さんw ← 責任ぶんなげたw

で、結局の所どうなったかというと、確か払ってもらった……ようなオチで良かったと思うのですが、覚えてません ←
一応お祓いまがいの事はしてもらったんですけど(これも別の時に書きます)ほっといても離れるだろうからってそのままだったような気も……あれどっち?

それで肝心のお狐さんが憑いた原因ですが、次の日学校に行ったらあっさり判明しました。
その頃三年生追い出し会の演劇で、屋上の空き教室に毎日通っていたのですが、その途中の連絡通路から別の校舎の上にお社が見えてて、なんかそこの子らしかったですw

なんか見た瞬間『あ、あれね~w』となったので多分間違いありません(電波
それまでそこにお社があるなんて(視界には入るので見ていたとは思うのですが)全然意識にあがってこなかったので、この事はホント不思議だなあって感じでしたネ。

……お狐さん……今なら歓待して(ハアハア ← 危険人物

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/23 なんちゃってスピ話 Comment(0)

DQNと言われても仕方ない ←

そこに住んでるならともかく、通りすがりの霊にこっちに対して色々いう権利はない&こっちがなにかしてあげる義理もないという事はずっと前に書きましたが、呼び出した霊に対してもソレってのはちょっと礼儀知らずだよね。汗

……なんて、高校の頃を思い出して、その黒歴史加減にローリングしそうになってる(でも反省はしない。キリッ)みわです。おはようございますw

特にいい子だとは前から考えてなかったけど、思い出すとかなりマジでダメな子だ。汗 ← 今更
いやぁ、高校生ってホント怖いもの知らずダヨネ? ←他人事か

いやまあ、呼び出して好き勝手に色々聞いたのはこっちだけど、弁解するなら嫌だったら来なくていいんだよ? ていうかそこら辺は相身互い(言葉の用法が間違っています)でいいじゃん?

そんな感じで今日の更新も微妙なスピ話ですw

いやだってホラ、まだ残暑が厳しいですからね! 今怪談(ではないなw)を語らずいつ語る! って思うのですよ! ← しらん

流れを全部書くと長くなりそうなので山場だけ箇条書きにすると(舌の根も乾かないうちに、もう怪談というテイを放棄かw

・こっくりさんに散々質問してみんなで楽しんだが、帰ってといっても鳥居に10円玉が行かなかった。

・家主の手前、帰るように丁重にお願いしていたが、だんだん門限が迫ってきてイライラしてきた、短気なみわ ←

・そのうち、家主が「どうしよう(泣」とかなってきて、でも他のみんなも「どうすればいいのか」という感じで埒があかない感じだったので、帰りたかったみわがブチギレる ←

・結果オーライでこっくりさんは帰ったが、家主に「みわちゃん! なんてことをするの!」と怒られる不当な扱い ←

・10円玉と紙を処理して帰宅するが、数日後に家主に聞いたところ見える子だったので「あれから家にいる」「時々にらまれる」と非難される理不尽 ←

それ以降の事はうろ覚えで。汗
書こうと思ったのですがあきらめましたw ← さすがみわの残念脳

確か、家主のとこにいるのをみわの方に回収しようとしたんだっけ?
それとも、本に載ってた方法で払おうとしたんだっけ?
それか、全部終わった後で家主の家に行って「余計なことしないでネ」って釘刺されたんだっけ?

……これを読んでみわの正体がわかった方は、是非メールか拍手で「実はこうだったんだよ」と教えてくださいw

でも、みわ思うんですが。
じゃあ、あのまま10円玉から手が離せないままでよかったんですかね?
それよりは、キレても何でも状況を打破してこう着状態を破るのの方が重要だったと思うんですけどね? ← 反省の色が見られないコメント

計算違いがあるとすれば霊的には「ちょっと怖がらせようと思っただけなのにキレられた(怯」だし、みわ的には「私の方にくるなら分かるけど、なんでそっち!?(困惑」という感じでしたね。ホント世の中ってままならない ←

ん? あれ? それでいえばもう一匹いたな、良くわからない子がw
……よし、その話は明日書こう、そうしよう! ではでは、本日はこれまで、お粗末!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/22 なんちゃってスピ話 Comment(0)

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)