忍者ブログ

神社の必要性について

神様たちが好きなだけだし宗教施設は必要ない。

とか。

神様で金儲けするなんて。

と、神社仏閣がお金をもうけることは悪だと言う人もいますが私はこう思います。

「それはそれで別にいいんじゃないの?」

私としては、好きだという気持ちを伝えるのに特別な装置は必要なくて、極端なことをいえば太陽を拝んだり、心の中で強くお祈りしたりすれば十分だとは思っていますが。

しかし、それと『寺社仏閣不要論』をイコールとしてしまうのはあまりにも乱暴です。

もちろん、なんのいわれ(伝承・伝説)もなかったトコに、突然『奇跡の水』とか書かれてお金を入れるようになってたり。
縁結びとか無縁だったのに婚活がとりあげられるようになって『縁結びの神様』とするような、そこの神社関係者の現世欲しか感じないのは論外というか、いっそ「滅びろ(笑顔でサムズアップ」とか思うのですが。

基本的に神社仏閣への参拝は好きですし、お賽銭もケチりません。

要するに神社のお金儲けは常識の度を超えてなければ別に気にしなくてもいい派で、お世話をしてるのは霞を食べて生きてる仙人じゃなく同じ人間だし、そこ無視したら駄目よねと考える派ってことデス。

あ、上で「(そこの神社仏閣)滅びろw」と思ったのは、神様仏様がどうなってもいいというわけでなく。
そこが無くなっても、そこの神様仏様が地上に降りられる場所が無くなる(一つ減る?)ってだけで、存在が無くなるわけではないと信じてるからです。

神様たちって不滅だし!(信頼

……話を戻して、参拝のための装置が必要ないと思う私がなぜ神社仏閣に参拝するかといえば、理由は3つあります。

1、神様たちへのお供えが豪華になったり、お社が綺麗ですごしやすくなるといいので

2、日本の伝統文化を次代に継承するため

この二つももちろん大切なのですが、個人的に次の項目が一番重要かなと思ってます。

3、神社仏閣が近くにあると、神様のとこにお参りしたいと思ったらすぐにできて、神様たちの事を深く知ったり、興味を持続させることができるため

近くにあれば「好きだ」て気持ちが起こった時にすぐに行くことができ、その世界に親しみやすくなります。

そういう初心者が入りやすい、心理的なハードルの低さのために神社仏閣はできるだけ存在していて欲しい。

神様たちや仏様への直接的な喜びにはならなくとも、未来の「神様スキー」が増えるための投資と思えば、結果として神様たちが喜ぶ事になるんじゃないかな、トカ?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/07/22 神様らぶ Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)