忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18

結局、気合でしょ!

心霊モノ動画とか、そういう企画DVDで『お払いの道具』として、よくスタッフが持ってるのが以下のモノだと思います。

・数珠
・お塩(粗塩、無精製の塩)
・砂
・パワーストーン(水晶最強?)
・音(拍手、おりん、音叉+水晶、祝詞、お経)
・お香(含む線香)
・神棚に供えた水
・お酒

……とか?

でも「数珠を持っていたのに効かなくて」とか「お経を唱えたのに襲われた」とかもよく言われますよね?

これを「道具が見せかけで、実は払う力がなかった」とか「使い方が間違ってる」とか「状況に即した道具を使わなかったから」とかいうのは簡単ですが、かみ☆らぶでは別の考えを提案したいと思います。

要するに……道具は道具、結局使う人次第。ってコトです(キッパリ

プロならオーラや気(?)や祓いに合わせた道具が適切に選べて、最大限まで力を引き出したり足りないう分を他の物で補填したりして使うんでしょうが、素人にそれは無理!
素人がプロと同じ包丁を使っても、切れるだけで切り口がプロと同じにならないのと同じ事です。

十字架だってドラキュラに対して有効なのは、神を深く信仰している人が持っているから。というのが定説ですし。
要するに形だけ揃えて「これで平気」って道具はそうそう無いって事です。

あ、お守りやアミュレトもそうです。
持ってるからこれで大丈夫ではなく、道具を信じて心を強く持つのが重要です。
怖がりつつ持ってたら意味ナイですw

やっぱり重要なんは「起こった出来事に対して、毅然とした揺るぎない意思を持って当たれるかどうか」じゃないかなと。

「怖がったら寄ってくる」とか「本人に払う気持ちが無いと払えない」いうのはまさにこの事を指していると思います。

……まあ、暗示にかかりやすい(思い込みが強い・妄想力が半端ない)人間が、そういう道具が必要なトコに安易に行くなって事ですが ← これが一番重要w

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/08/18 哲学る Comment(0)

神様と仏様の関係性

TV見てたら、夏のホラー企画で怖い話してて「神様と仏様は一緒に祀ったら喧嘩するので駄目」と言ってたんですよ。

「いや、そりゃ当たり前やろ」とは思ったんですが、そういえば日本に『神仏習合』とか『神社合祀』とかあったな~って。

それが今まで続いてるとこもあるわけで……そこのあたりはどうなってんだろ? と思って今日のブログですヨw

・仏様は基本的に怒らないから、キレるならやっぱ神様かな? 一方的にブチギレモードとか? TVも「観音様の顔が割れて~」とか言ってたし……もう、神様ったら短気なんだから……そんなトコも好きなんだけどw ←

・そういえば、神社とお寺を一緒に~とか日本でもしてた or してるよな……アレどうなってんだ!? もしかして見えないとこで神様と仏様の縄張り争いが……ヤバイ萌える ←

・web検索しても「一緒にしたら喧嘩し出したので別に祀るように戻して欲しい(意訳」とか言ってる人は少ないのか……あ、でもやばすぎて外に出せないレベルとか? 不謹慎だけど興味そそられるわ ←

……てなことをつらつら考えてました ← 罰あたり

誰かそのあたりの事情に詳しい人ブログとかやってないんだろうか?
または図書館で本探すか……って棚分類はどこになるんだこれ!?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/16 哲学る Comment(0)

お守り沢山w

『通信機器各種……お守りとかお札』でお守りを複数持つことについてはあとでと書いたので、今日はその事についてです。

似たようなことを以前にも別名義で書いてるのですが、もう検索アーカイブくらいでしか存在してないハズなので、もっかい書いてもいいかなっとw ← 書かない選択肢はない!

ではさっそく、いつもの電波話いってみよー!

よく『お守りを複数持つのはいかん! なぜなら神様同士が喧嘩をするから』と言われたりします。
これに対して『そんな神様が心狭いわけない。間違いだ』と返されたりもします。

みわ的には神様は喧嘩するものだし(しかも超つまらない理由でもするw)スーパーに心狭いしw 自分勝手なものだと思っています。
またそういう神様の方がより身近に感じられてますます愛せちゃったりなので、みわはそんなことくらいで神様たちを嫌いになったりは全然しませんw
それに神様が、優しく友好的で万人に常に愛を持っており喧嘩もしないんだったら、ヨモツヒラサカの件は無いわけで、大国主様もガチで殺されかかったりしないんじゃない? とも思っています。

ですから、お守り複数持ちは駄目! ……となるかというとそうでなく。笑
ただ持ってるだけなら別にいいんじゃね? 使用中なのが複数あるのが問題なダケで。とか考えてます。

一言でいうと「効果が分散したりうち消したりする可能性があるから願掛けは一つだけに」ということですネ。

どういう風になるかというと、たとえるならこんな感じです。

第三者に悩みを打ち明けて解決の手助けをしたもらいたい。と思った人がいます。
その人に対して友人のAさんは「絶対○○! だからそうしよう」といってそのように動こうとするが、別の友人のBさんは「△△かなぁ?」と考えてそのように動こうとする。
友人A・Bの考えが統一されて同じ方向に向かっているなら、味方は二倍で助けもより強力なものになるが、A・Bが違う結論を見ていてそれに向かって勝手に動いたら、お互いを打ち消して効果は半減どころか邪魔にしかならなくて、予測のできない最悪な結果にたどり着いた……というような?

また結論が一つしかなくともそこに至る選択肢は考える人によって無数にあり、それぞれに最適なタイミングがあり絶妙なバランスを保って成立しているというような事も往々にしてあることですから、やはりとるべき行動の指針は一本だけにしておいた方が無難ですね。

これのAさんを「A神社のお守り」Bさんを「B神社のお守り」と考えると、みわの言いたいことが分かってもらえるんじゃないでしょうか?

「……つまり願いは一つの神社でだけでって事ね? でももう遅いよ! 色々買ってお願いしちゃってるんだけど!?」という方もいるかもしれません、そういう方には「こういう時の産土様(氏神様)ですよ」といっちゃいますw ← こんな時ばっか

前にも書きましたが、産土様(氏神様)はあなたの事を生まれてからずっと見てくれている、親戚の人のような存在の神様ですから「こういう場合は周囲がこうだから……」ってどの神様よりも最適なやり方を選んでくれるはずです。

なので。

産土様(氏神様)には「コレコレこういう願いをA神様とB神様にお願いしていますが、それらが打ち消しあうことなく、いい方向に進みますように、私も努力するので産土様(氏神様)にもお手を貸していただけると嬉しいです」とお願いし。

A・B神様たちにも「A(B)神社でも同じことについて手助けを頼んでます。私の産土様(氏神様)がこの件に関しては一番詳しいと思うので、大神様たちのお力で後押しをどうぞお願いします! もちろん私もがんばりますから!」

……とかお願いすれば、逆作用でマイナス効果になって叶わなかった! てか酷くなった! ってのは避けられるかもしれません(多分 ←

宝石・タリズマン・パワーストーンは念の増幅器として使う場合は一つに絞るかバランスを考えて組まないと駄目ですけど、お願いをしないのであれば「アクセサリー」として成立しますよね? あれとお守りも同じようなものだと思って下さい。

そんな感じでお守りとして使うのは一つだけ。他はアクセサリーとしての利用に留めるといいと思います。それでも気分的にスッキリしなかったら前のお守りは「古札所」にお返しして、新しく願掛け用・アクセサリー用を買うとかすればいいんじゃないでしょうかね?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/15 哲学る Comment(0)

通信機器各種……お守りとかお札

『神様仏様に遠隔参拝』で、御祈祷でいただいたお札とお守りはカテゴリ的に一緒と書きましたが、今回はそこらへんもまとめて語ってみます。

相変わらずの独自解釈ですが、反省はしない! ←

Q:お札とかってどんなもの?
A:神様仏様への通信機器

分霊とかお力を込めてあるもの、という解釈もありますが、みわはこうですw

神社札(仏像・掛け軸)なら、固定しておくものなので『固定電話』って感じだし。
お守りなら、携帯することが多いので『防犯ブザーつき携帯』って感じ。
御祈祷していただいた願札は、願いを絞ってあることが多いので『神様仏様の受け持ってる担当部署への直通電話』かなと。

大抵が一年期限ってなってるのは、それらは神社やお寺で充電された力で動いてるので、その頃までしか内蔵電池的なのが持たないんだろうな。とかそんな感じに思ってます。

Q:お札はどこにおいたらいいの? お守りはどうやって持つの?
A:お札は決まった場所があるならそこに、でも基本自由w お守りも神経質になりすぎない程度に気をつけて、あとは好きにすればいいと思う。

『夏越の祓札』等は神社の説明によると『玄関などに貼って』とあるのですが、高温多湿のこの時期に病気にならないために気をつけるのは『食べ物』関係だからと、みわは台所に貼ってたりしてます。

大麻は神棚があるのでそちらに納めましたが、それ以外のお札なんかは置きたいとこにフリーダムに置いてますねw(だからうっかり掃除を忘れて周囲が埃で白く……。汗

お守りを持ち歩くときは、ポケットやカバンの取り出しやすい場所(定位置だとなお可)に入れる。間違っても底で何かの下敷きにしないように。
そうすれば無くさないし、忘れるという事もない。
※お守りを複数持つ事については長くなるので明日書きますw

Q:お札やお守りに込めた願いは必ず叶うの?
A:人事を尽くして天命を待て……っていうか基本は自分の努力と根性次第

前にも書きましたが神様たちは(仏様は多分別)そんなに優しいばっかじゃないし、どっちかというと気まぐれですぐ機嫌を損ねたりする存在です(だから好きw)

それが叶うのも叶わないのも、まずは自分で人間界の事に働きかけて道を切り開いていってからです。
神様たちはそれを見て「そこまでなのか……まー、じゃ、こっちの世界の事は、俺らがそれなりにうまく回るように働きかけとくな……でも努力は引き続き頑張れw」ってなる感じかと。

それでも働きかけるだけなので、叶わなかったりバッティングしたりと……。
あ、これお守り複数所持に掛かる話なので、ここも明日にします ←

話を戻して……お願いばっかでなーんも努力のドの字も見られなかったら「ふ・ざ・け・ん・なw(神様たちの目が笑ってない」とかいう状態になること請け合いです(マジ
神様たちも仕事持ってますから。そこらへんは厳格です。

Q:願いがかなう万能機器じゃないなら、お札やお守りを持つ意味ってあるの?
A:目に入るたびに自分の思いや希望を新たにして気が緩んだりするのを防ぐためにお札やお守りはあります。あと目に入るたびに神様仏様の事を思い出すので、そのたびに祈ったりすれば神様仏様もハッピーに ←

……初めはともかく二つ目はみわの欲望というか願望だだもれなので置いといて(オイ
お守りやお札をいただく意義は、まさにそこにあります。

願いを叶えるのは基本的に本人の努力の結果であって、それを最大限最短で実現させるためにはずっとその事について考え努力していかなければ活路は見出せません。

でも人はめんどくさがりで、怠けられるとなったら怠けるもの、そこで『人には到底及ばない力を持ったナニかとした約束』が有効で『人にない力を持ったモノだからこっちがサボってるのも全部ばれる』という抑止力が必要な訳です。

大体において身の回りで起こる出来事は、人が頑張ればどうにかなる事が多いので(考え方を変えるだけでも解決したなんてよく聞く話ですよね)そんなトコに神様たちはデバりません。
子供の喧嘩に親が出てって、鉄拳解決(他、大人の解決方法エトセトラ)並みのあり得なさです。

中には『人の力でどうしようもならなかったからお参りしたのに、じゃあ意味無いじゃん』という人もいるかもしれません。
そういう人は神様仏様なんていないって思うだろうし大嫌いで、いっそ憎んでるかもしれません。

でもそれはそれでいいと思いますね。
日本は宗教や思想の自由が保障された国ですから、反社会的な行動をとらなければ問題ないと思います。

『辛くても考え方を変えて』
『それでも頑張れ』
『試練として受け止めろ』
『それを乗り越えて霊的進化を果たすのが~』
『神様たちはそれを乗り越えられるから与えたんだよ』

……等など、よく見たり聞いたりしますが。そんなん都合のいい綺麗事だよw ってみわも思ってますしw

神様や仏様たちの法では正しいことなのでしょうが、でも人の法で生きてる人間にそんなこと分かりませんよ。悟れとかいわれてもヒントも分かりにくいのに無理ゲーですw

もし神様に直訴できるなら『申し訳ありませんが、人間は神様たちが思ってるよりはるかにレベル低いですよ(真顔』って言いたいですモン ←

なので、どうしても解消させたいなら魂にがっつり刻んどいてよ! とか、DNAに時間がきたら発動するように仕込んどけ! って叫びたく……は、なりませんが ←

だって、みわの中で神様仏様は『万能でなく』『特に優しくなく』『間違いもよくする』『ただし人にはあり得ない力を持った存在』って認識なのでw

何でもかんでも叶えられるとか、あまりに神様に過剰に期待し過ぎだろうと思います(その過剰な期待に「え、ええ?(困惑」してる神様なら萌えるので死ぬほどみたいですが ←

そういうわけで、特にどうにもならない困った事を抱えてないみわは、超アタマ空っぽな感じで今日も元気に『神様たち大好きだー!』って叫んでるわけデス。

そもそも、神様たちが完全無欠じゃないから愛せる。ってみわは思うのですが、どうですかね?

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/14 神様らぶ Comment(0)

自宅の参拝所(神棚・仏壇)について

『神様仏様に遠隔参拝』で神棚や仏壇が無くても、神様仏様に対する祈りの気持ちがあれば大丈夫。的なことを書きました。

今度は、自宅に神棚も仏壇がある人向けのお参りの方法を書いてみたいと思います。
とはいっても、みわの基本は『神様仏様に遠隔参拝』で書いた通りなので、それの補足というかつけたし程度のものですが。汗

1、神棚や仏壇の設置場所

向けたらイケナイ方角や向かい合わせは駄目とかありますが、現状みわの家では襖で仕切られた並びの和室に、仏壇と神棚がそれぞれ入口を向いて設置されています。

確か建て替える前は、同じ部屋の正面に仏壇で左に神棚という配置だったので、みわ的な気をつけポイントは以下の二点くらいかと。

・高さは神棚が天井近く、仏壇は座った時に目の高さに仏様が見えるくらいの場所。
・神棚と仏壇は同じ間なら同じ面にできるだけ離して、別の部屋だとなお可。

親曰く、仏壇と神棚の部屋を分けた理由は『どちらも扉が開けっぱなしなので、同じ部屋だと都合が悪かったから』ということらしく、神様と仏様に失礼だからとかその他宗教上の理由もなく、単に自分たちの管理の問題というところが、いかにもみわの血縁者だよなと(なんつーいい加減なw

改めて、血縁の呪縛ってこういうとこに出るんだろうなと思った次第。怖っ

確かに思い返してみると、葬式の時も襖を閉めて神棚の収まっている場所のガラス戸を閉めるくらいで、白い紙は貼ってなかったような気がしてますし……(ほんとアカンやん。汗

2、大麻・仏像・神祭具・仏具

・大麻は神社でいただいてきたモノ
・仏像や掛け軸は菩提寺で拝んでもらって、仏壇用になったモノ
・神祭具・仏具はセットになってるものを買って使えばOK ←

仏具は宗派によってセットに多少の違いがあるので菩提寺に聞いて揃えてください。

みわ的には、仏壇はブッダや菩薩にお参りする場所というより、自分の祖先が住んでる家への入り口という感じなので、そこに住んでる人たち(先祖)にとっては、先祖代々のやり方のがなじみやすくて理解しやすいかなと思うのでそうしてます。

先祖の人は死んでてこっちと話せないので『こうしてほしい』というのがあるかもしれませんが、それで先祖の全員が100%満足するかといったらそれは不明なので、じゃ、今まで通りが無難だよなとw
普通の人間同士でも交渉時に折衷案をとったりしますが、そういうイメージです。

それから親の代からの宗教を止めて、別の宗教になったのでそのやり方でというのなら、それはそれでありかと思います。
先祖の皆さんが混乱するかもなので、そこは事前に要相談って感じですがw

3、季節の行事・日々のおそなえ等

タブーはないので好きにして下さい ←
今回この内容を書いたのは、これのためといっても過言ではありません! っていうかソレしかないです ←

・季節にあったもの(お正月・お盆)をお供えしたかったらする
・それ以外の季節(バレンタイン・クリスマス)でも、お供えしたかったらする
・日々のお供えは「喜んでくれるかも」と思ったらお供え
・そうじゃなくても、あげたい気持ちになったらお供え

要するに、神社仏閣ではお供えされる確率が低いものを、一般の私たちがお供えして神様仏様に喜んでもらおう。という事です。

考えなきゃいけないのはみわ的に、下の二つくらいですかね?

・生ものは腐ったり悪くならないように手をかけれるならお供えする
・最終的に自分が処理する事になるので、自分が食べられるものをお供えする

生物であっても加工品であっても、食べ物は「誰か(機械であっても)が手間をかけて作ってくれた」ものなので、捨てるのはありえません。
みわ的には食べ物として、今ここに存在しているのに、こっちの都合で存在意義を無視するのはどうかなと思うのですよ(八百万の神様的にというか、ツクモガミ様的に考えると、というか

今の時期だと夜船が「せっかく、おいしく作ってもらったのに……自分の存在意義って……」とか、部屋の隅で膝抱えてたらかわいそうで泣きます。
というか、なんのために日本語の「いただきます」って言葉があるのか! って思います。

なので故人の好きなものがあったとしても、最終的に食べる生者にアレルギーや好き嫌いがあるならこっち優先でとみわは考えてお供えを買います。

さて本日は盆の入り、神様仏様のお供えでも買いに行きましょうかね。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

2015/08/13 神様らぶ Comment(0)

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)