忍者ブログ

人間の善悪思考の考察

先日の事ですが、自転車で走っていたらトカゲに飛び出し自殺されました ←

命の大切さを学ぶために昆虫の命を無為に奪うような年齢はとっくに過ぎてるし、故意じゃないにしろ命を奪ったのは確かなので、死ぬのを見届け(尻尾と胴体の微妙な所を引いて殺しちゃったので)た後、コンビニでお清め用に清酒を買ってふりかけつつ冥福を祈ってきたのですが、その時に思ったんですよね。

大きさの差はあれど、つまりこれが人間の善悪の考え方なんだなって。
なんて思いあがった差別的思考なんだろうと。

自分に害(利害含む)がある命は『殺していい命』
自分に直接的に害が無い命に関しては『かわいそう』
命の重さは一緒だといいながら、この差は一体何なのか?

自転車で引き殺したトカゲに悪いと思い供養したのも、幼い頃に友人宅でトカゲが出たからとソレを殺した(逃がそうと思って失敗した)のも同じ私なのに、立ち位置が違うだけで天と地ほどの開きがある。
トカゲにしてみたら「なんで!? 不条理!」って思うに違いありません。

また、人間が殺すのは動物だけじゃありません、植物だって電極つけて反応を見たら「喜んだり」「逃げよう」と思ったりするというのは、科学の世界ではもはや常識です。
それから考えれば、分子(それよりもっと小さい粒子にだって)にだって人間が関知できないだけで、そういう好き嫌いがある可能性もあります。

だったらなぜ動物だけ『かわいそう』なんでしょうね?

結局のところ「○○を殺したら駄目」というのは感情論の域を越えず(感情が悪いという意味で無く)それが命に対する差別的思想なんだと気づかずに叫ぶ人間が問題で、そうであるならお花畑とかスイーツとか言われてもしょうがないとみわは思います(みわ含め)

あとは「種の保存のため」とかいうお題目をもありますが、この種が残っていい種であの種は残さなくてもいいと選別した段階で思いあがりで差別ですよ?
またその特権が人間にだけ与えられた権利なのか? という問題もあります。

それ分かってしてるんだ。というならいいですよ。
でもそれなら二度と感情から発した好き嫌いで、他人のすることに文句付けんなとは思いますが。

……とまあ、トカゲを引き殺した事で、これだけ哲学させてもらいました。

トカゲ(と過去にみわが殺した生物、含む害虫)には感謝とともに弔いの言葉を。ぜひとも来世は他に対して権力をふるえる立場に生まれる事が出来るように祈っています。
それによってみわが虐げられる立場になって言葉通り虫けらのように殺されても、それは仕方ない事だと思っているし、その覚悟はしています。

そうそう。ココまで書けば分かるかと思いますが、みわが神様たちの事を好きで愛してるというのは「神様になら殺されてもいいし、仕方ない(人の手にかかるのは違いますので生贄とかは拒否ですw」っていう思考も含んでですw ←

ちなみにみわは「害獣や害虫は殺すが命に敬意は払う。みわでも誰のしたことでも人以外をの命を奪った事に必要以上の情けは持たない。なぜならそれは欺瞞だから」と考えます。
冷たいですか? でもどんな命も平等に扱うのって本来冷酷で冷たいものですからねぇ。

あ、一応、言っときますが今回のブログは人殺し容認の主張とかではないですからね?
みんなで決めた「人の法」の上に生きてるのなら、それに従うのは善悪とは違いますが当たり前の義務です。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/08/18 哲学る Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)