忍者ブログ

こぎつねコンコンw

スピ話とか怪談とかで「すごく怖い」といわれる事の多いお稲荷さん。
それとは反対にマンガとでは大人気で、動物霊を使役するキャラというとお稲荷さん使いという事が多いと思います。

蛇スキーのみわにとっては、蛇もこれくらいの知名度で恐れつつも愛されキャラだったらどんなにか! とハンカチをかみしめたい気持ちなのですが、まあ今日は関係ないので置いといてw

昨日の更新『DQNと言われても仕方ない ←』で、ホント世の中ってままならないわ~w って書いてたら思い出したんですが、みわにもお狐さんエピソードありました!

そんなわけで、いつも通り怖い話でも何でもない電波話なので、そこらへん覚悟してどうぞ!

高校時代の話です。
幽霊を見たりと勘が鋭すぎる友人が、他の子(この子もよく見る人)から霊能者を紹介されたんですね。

それで一人で行くの嫌だったのか「無料なのでみわちゃんも一緒に行こう!」と誘われました。

手かざしの宗教も「面白そうだから見に行くだけ行くw」と電話して、見に行くほどの好奇心の塊のみわですから(自覚はあるらしい)モチロン二つ返事でOKしましたw

そのあたりのエピソードは別の機会に書くとして(方向性の違うネタを一本にまとめられる文才はないのデス ←)

それで学校の帰りだったかな? 場所はどこか忘れたのですが行ってきたんですね(バスで行ったのであまり遠くないハズだけど自信なし)

彼女が見てもらって、その時点で「?」って感じの事があって、霊能者へのワクテカは消えたてたんですが(後日書きます。方向性の違うネタを……以下同文)
それでもせっかく来たんだからと、みわも見てもらったんですわ。

みわ的には『蛇に関係があるとか、蛇の魂がとか、蛇の念がとか』って思いながらw ← 自分でいうのもアレなんですが残念なほど蛇好きなので

そうしたらですね。予想もしなかった事に「お稲荷さん(お狐さん?)がいるね」といわれたわけです。

お稲荷さんでも十分「え!? は?」って感じで心当たりなかったんですが、次の言葉で壮大な冗談かなんか!? と言いそうになりました(言わなかったケド。汗)

「……あなたにつけないから……そのバッグの……生徒手帳についてる」 ←

高校までの短い人生経験しかありませんが、狐がとりつきたいのにその対象者につけないから頑張って持ち物についてるとか初耳なんですが。汗
っていうか、なにそれ聞いたことない(本音

……正直いって今なら萌えデスヨ?
そんな頑張ってるなら「いいのよ~w 居たいだけ居てw」って歓待もします。

が、その当時は頭が固かったので(?)はあ!? なんて根性無しなんだ! と思いましたトサ。酷

これが蛇ちゃんだったら「うはw 必死w なんてかわいいw そんなにみわの所に居たいのね? いいのよ~w ゆっくりしてって~w なんだったらずっと居てもいいのよ(ハアハア」ってな感じで、蛇ちゃんの貞操が危機としか思えませんが、すみません当時そこまでお狐さん(八百万神様)萌えの属性が無かったもので。苦 ←

……話を戻して。

その頃のみわは、怪談や不思議な事は好きだけど知識は本で読んだりTV見たそのまま。
お狐様ならこう! 幽霊はこう! って感じで数式を入れたら答えが出るような感じで、自分なりの解釈がまだ固まってなかったのです。

だから、お狐様とかお稲荷さんとか怪談のど定番じゃん? それが私についてる!? 厨二病を患ってる身としては、やばい、楽しい! ってなるわけですよ。

なのに!

「あなたにつけないから持ち物についてる」とか定番ネタじゃありえないそのオチは何なんだ! といいたくなっても仕方ないですよね? みわのワクテカを返せ的な勢いになってしまっても仕方ない! ……と思いたい……あの当時のお狐さんかお稲荷さんか分かんないけど、優しくなくてゴメン(と今頃反省

とまあ。みわ的にはお狐さんはついてる……けどおしいというか残念なオチなため ←
「最近お稲荷の社があるとこに行かなかったか?」とか霊能者の人が払ってくれようと(多分)色々聞いてくれたのですが「はあ、分かりません」と超やる気のない態度しかとれなかったわけです。
ホント希望は絶望を連れてくるわ ← 用法違い

あ~、でも今憑いてるよって言われても、みわに不幸は起こってないわけですから「かわいがるので、払わなくていいですw」と言うかな? 多分w
そう考えると、どっちにしろ霊能者の人は困惑するなぁ……うん、まあいいや。時には変な相談者が居てその話を聞くのも修行って事にしてください霊能者さんw ← 責任ぶんなげたw

で、結局の所どうなったかというと、確か払ってもらった……ようなオチで良かったと思うのですが、覚えてません ←
一応お祓いまがいの事はしてもらったんですけど(これも別の時に書きます)ほっといても離れるだろうからってそのままだったような気も……あれどっち?

それで肝心のお狐さんが憑いた原因ですが、次の日学校に行ったらあっさり判明しました。
その頃三年生追い出し会の演劇で、屋上の空き教室に毎日通っていたのですが、その途中の連絡通路から別の校舎の上にお社が見えてて、なんかそこの子らしかったですw

なんか見た瞬間『あ、あれね~w』となったので多分間違いありません(電波
それまでそこにお社があるなんて(視界には入るので見ていたとは思うのですが)全然意識にあがってこなかったので、この事はホント不思議だなあって感じでしたネ。

……お狐さん……今なら歓待して(ハアハア ← 危険人物

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ

拍手[0回]

PR

2015/08/23 なんちゃってスピ話 Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

プロフィール
 
HN:
くなとみわ
性別:
女性
職業:
自称神様☆親衛隊
趣味:
八百万の神様たち
自己紹介:
八百万の大神様たちが大好きです。
神様は怖いけど怖くない存在で、近づきたいけど微妙にウザがられている気もする今日この頃デス。
kamilove@plala.to
 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(05/04)
(02/17)
(11/02)
(09/02)
(07/13)
 
 
RSS
 
 
 
参加してます☆
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



 
 
アーカイブ
 
 
 
最古記事
 
(07/19)
(07/19)
(07/20)
(07/21)
(07/21)